2011/06/13

JavaやAcrobatReaderの自動アップデートを止める

アップデートはいいとして、頻繁に再起動を求められるのはちょっとしんどかった。
とくに、JavaやAcrobatReaderはたくさんの人が利用していると思われるので、これら自動アップデートの黙らせ方を書きます。
もちろん、対応は個人の裁量でお願いいたします。

しかし、個人的な意見としては、今更逐次のアップデートをおろそかにしたくらいで、どうにかなるようなのって、アップデートしてもどうにかなるんじゃないだろうかと思わずにはいられないです。まあ思い出したら手動でアップデートしてあげましょう。

●Javaの自動アップデートを無効にする



コントロールパネル→Javaから、設定画面を起動させます。
アップデートのタブを開き、「アップデートを自動的にチェック」のチェックを外します。
了解、または、適用を押せば、終わりです。
画面はXPです。



手動でのアップデート操作は、このダイアログの「今すぐアップデート」から行うことが出来ます。


●AcrobatReaderの自動アップデートを無効にする



AcrobatReaderを起動させ、編集→環境設定から設定画面を起動させます。
アップデーターの設定から、「アップデータのダウンロードやインストールを自動的に行わない」にチェックを入れてOKを押せば終わり。
画面はAcrobatReader10(X)でXPです。



手動でのアップデートは、AcrobatReaderのヘルプ→「アップデートの有無をチェック」を選べばよいでしょう。
なお、AcrobatReaderのバージョン8-9でも似たような操作のようです。

アップデータの自動チェックを変更または無効にする方法 (Adobe Reader / Acrobat 8-9)
http://kb2.adobe.com/jp/cps/864/cpsid_86400.html

というか10が出てますので新しくしてもいいと思いますが。


何か頻繁にやいのやいの言ってくるようなソフトがあれば足していきます。

0 件のコメント :

コメントを投稿